美しい呼吸

時間がゆっくりすぎる。

鳥の声がより鮮明に聞こえる。

一番近くに来た鳥の声が鳴いているけども、何か俺に訴えかけているようにも聞こえる。

鳥の声を聞けそう。

 

なにを考えているわけでもなく、なにかをしたいわけでもない。

 

ただ時間の流れ、空気の流れを確かめている。

網戸から通る風が心地良い。自然に呼吸できていることが嬉しい。

 

ゆっくりとただすってはくだけのこの運動は一番癒やされる。

 

やっぱり心が乱れる時はいつも呼吸が乱れていると思う。

 

最近みた、鬼滅の刃は呼吸の大切さを教えてくれていると思う。呼吸の使い方によって、人は鬼にも勝る力を発揮できる。

 

それぐらい人間の呼吸法は無限の可能性を秘めていると思う。

 

自分の呼吸が乱れる時は、他人軸に振り回されている時であり、もしも、周りの人の呼吸が自分の呼吸よりも速い場合はその速さに巻き込まれる場合があって、如何に自分の中に最高の呼吸をしつつ、他人と関われるかが大切だと思う。