ちょこっと映画みる?

今回の映画は、ロバート・ロドリゲス監督、ジェームズ・キャメロン制作で2019年公開の[アリータ バトルエンジェル]をご紹介します。

まず、アリータはアバターでも魅せてくれましたが臨場感と美しい映像美の世界にすぐ引き込まれました。

少しあらすじをお話しすると、あるロボット修理の博士がゴミ山から、首から下がない、捨てられたロボットを拾うところからはじまります。すぐ、そのロボットを修理して、彼女は目を覚ます。彼女は自分が何者かもしりません。博士は彼女をお世話していき、この世界の仕組みを教えます。空中には、まるでインディペンデンスデイで出てくるような大きい宇宙船のようなものが浮かんでおり、そこには誰もいけないところと、医者たちが住んでいる現実世界が存在していた。現実世界では、ロボットと人間が共存していて、取り締まりロボットもいる。まるで異世界に来たようによみがえったロボット、アリータはもっとこの世界を知りたがっていた。博士の知り合いの青年ヒューゴと出会い彼から町のことや美味しい食べものや、流行りのスポーツなど、教えてもらう。

 

そして、この流行りのスポーツがロボットを集めて行うボールの争奪戦ゲームとして公式になっていた。アリータもヒューゴと練習すると習得が早かった。一方町では殺人事件が起きていたことを知ったアリータは、夜な夜な外に出ていく博士を尾行すると、悪さをするロボットを倒すハンターウォーリーアーであることを知る。そこから危機にさらされた博士を助けるためアリータは隠された戦闘本能が発揮されると同時に遠い昔の記憶も甦るのであった。アリータに隠された真実と宿命そして、この世界をあやつっている黒幕の正体が徐々に明かされていく。

 


異世界に来たようにすぐに引き込まれました。なんといってもアリータはロボットであるのに、人間っぽい心があって、表情もシイジーですがとても柔らかい感じがあってとても素敵でした。なんといっても彼女はあきらめずに戦う姿がとてもかっこいいです。戦闘シーンでは、久々に手あせ握るドキドキのアクションを楽しめました。また、アリータ(ロボット)とヒューゴ(人間)
がお互いに距離が縮まっていくところも素敵です!

 

是非ファンタジックな世界とアクションを楽しみたい方は見てみて下さい!!

 


Google 画像検索結果: https://m.media-amazon.com/images/I/91PAcOOP94L._AC_SL1500_.jpg